読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばちゃんぷるー

同人サークル「昭和のひとびと」の中のおばちゃんの雑記

私が東京都港区の坂道を歩く理由

簡単に言うと「歩きたくなったから」なのですが、『東京都港区坂道おば散歩』の頒布後にupした

 

showa825.hatenablog.com

という記事で、書くに至った経緯を「話すと長くなりますので、今回は割愛」と述べていたので、今回はそれに触れたいと思います。その本で触れた気もするのですが、まあいいや。

 

 それは『東京おば散歩』霞ヶ関編を出すべく、霞ヶ関をウロウロしていた時からはじまります。この辺りも坂が多く、何かと坂を上る必要がありました。

 そんな時、このようなものに出会いました。

 f:id:showa825:20160809130202j:plain  f:id:showa825:20160809130313j:plain

 千代田区の坂名標です。

 この坂にまつわる由緒等々が書いてあって、私は思わず足を止めて見てしまいました。

 帰宅後、「そういえば、東京都で坂の多い区ってどこなのかしら」と思い、「東京 都の坂道」と検索してみました。その検索結果を下へ少しスクロールしたところ、「港区公式ホームページ/坂図鑑」というサイトがヒットしていました。アクセスしてみると、そこは港区公式サイトのキッズページのひとつでした。

 これを見た瞬間、「歩いてみたい!」と思ったのです。特に坂道マニアではないのですが、「こんなにたくさんあって楽しそう!」と素直にそう思ったのです。

 というわけで、これらをまとめると「歩きたかったから」となります。

 最初は「この図鑑の1番から順に行こう」と思ったので、『東京都港区坂道おば散歩』では1番の汐見坂から6番の神明坂までを歩いたのですが、C90の新刊では早速その考えを崩しています(笑)。

 なぜそうなったのかは、また別の話……ということで。

 

f:id:showa825:20160809133710p:plain

『東京都港区坂道おば散歩』、C90にて頒布いたします。

本文48ページ、白黒で500円です。